CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
★フリーターユニオン福岡★

無 料 労 働 相 談
※電話相談を受けています。
電話 090−9980−2106

fufの活動に興味がある、
職場で困っている…など、
気軽に連絡ください!

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    (ono) (04/09)
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    ひろみ@長崎 (04/09)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

fuf blog

「フリーターユニオン福岡」のブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
河合楽器製作所団体交渉報告的なこと
8月31日の午後、カワイ音楽教室長崎事務所事案についての団体交渉を、行いました。
関西支社から足を運んでのfufとの団体交渉、すでに5回を数えています。

河合楽器製作所は、組合の要求に対して、必ず文書での回答をなし、話し合いを設定し、その場の対応も丁寧で、私たちの要望を黙って聞き入れ、そしていつも課題を持ち帰ります。
にもかかわらず、要求事項の具体的な改善に繋がらない、そのような状況がいつまで続くのかと、怒りを覚えるのも事実ですが、関西支社から出てくる担当のT氏に、その解決能力というかその判断裁量や権限はほぼないのだと、団体交渉を重ねていれば誰でもわかることです。

だがしかし、そもそも、この河合楽器製作所というそれなりに「伝統」のある老舗の音楽会社が自身が、この時代に活性化していく力があるのかと、そのようなやや冷ややかな気持ちになるのも事実です。



  昨夜、クローズアップ現代で「社長がいない〜求む!グローバル時代の経営者」という番組をやっていました。
 グローバル化したこの時代の経営を継ぐ「社長」になる人間が、自社にいないというのです。
 そのような企業が6割を占めるというのです。

グローバル化しようが、しまいが、そのようなことが直接的には関係ないと思いますが、後継の社長がいない、会社を組織を継承していく人材がないということは、その組織はすでに「終わってる」ということではないのでしょうか。

外部から、その後継を連れてくるというようなことが、全く間違っているとは言いませんが、それも含めて、継承していく手段としてやっていけばいいことであって、今、ここに継承者がいない、会社を経営するに値する人材がそこにいないという事実に、ざまざまなことを思わざるを得ません。


組合が、解雇の撤回や労働条件改善を求めて、団体交渉を行うときに、一番重要なことは、組織を背負って、判断し、決断できる役職を、その場に参加させるかどうかということです。

責任を持って組織を背負える人材を育て、継承することのできない会社など、それはもう、つぶれてしまってもやむを得ないのではないかと、思うしかない面もあります。

つぶれれば、残された労働者はどうするのか?という問題はありますが、それも含めて「組織」の責任であり、現実なのではないかと思う、今日この頃であり、河合楽器製作所との団体交渉を継続しつつ、思うことでもあります。

次の団体交渉にこそ、この河合楽器製作所を背負って、判断のできる方を、私たちの前に座らせていただきたいと思います。

それができなければ、この河合楽器製作所に、会社としての展望はないし、ここで働くすべての委任講師の将来などあり得ないのだと考えます。

fufは、社会的責任を持って、河合楽器と団体交渉を行っているのであり、闘う委任講師の将来に展望をもたらしすために、団体交渉を行っているのです。

月末までのご回答、よろしくお願いします。
| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
河合楽器製作所長崎事務所事案 関西支社回答




 先日の団体交渉での懸案事項について、株式会社河合楽器製作所関西支社長冨山千広名、7月10日付回答が届きました。

回答によれば河合楽器製作所は、fufと話し合いをすることで何とか解決できるように努力をしていることは了解できます。
こういった組合の要求に対して、必ず応答しようとする姿勢は一定の評価はできます。

しかしながら、長崎事務所における事案は、当然のことながら長崎の一講師に限られたことではないことは明らかです。
全国一律の委任契約という偽装的な契約によって、すべての音楽教室の講師が不当な労働条件に置かれているのです。

今回の回答を見ればさらにそのことは明らかです。

1.fufは、契約書に付帯事項を付けることを求めていますが、河合は一切の付帯事項を認めません。このことが対等な委任契約ではないことを示しています。

河合の回答によれば、「ドラムコースの生徒配分については、生徒側の希望(レッスンの曜日、時間等)によって決定するものであり、恣意的に特定の個人に担当させるものではありません」との文言があります。

生徒配分は、すべて生徒の希望にのみよって決定するのでしょうか?
もちろん、生徒の希望を優先させることはやむを得ないでしょう。
しかしながら、その生徒の希望を優先させるために足りるだけの講師を準備、対応できるようにするのが会社の責任ではないでしょうか。
それを、講師一人の責任に負わせているのが現状です。
「恣意的に担当させるものではない」という意味も分かりませんが、現在河合(事務所)が恣意的に生徒を割り振っているのではないでしょうか?
どのような公平な基準があるのか、それを開示してほしいものです。


2.fufは、委任契約の講師については、会社の指揮命令権下にないことを確認しています。しかしながら、現実は一地域指導講師と言われる講師が、他の講師に対して「教育指導内容の徹底」「委任講師の管理」といった事実上の指揮命令を行っています。
さらには、ブロックリーダーを介して、この諸連絡などを他の講師へ徹底するなどのまとめ役といった「業務」をさせています。
これらは明らかに違法ですので、今後も廃止を求めていきます。

3.fufは、あまりに安い講師報酬を少しでも上げるべく求めています。
 講師の報酬は、グレードによって上がると言われていますが、そのための研修などその他教材などなどにお金を取られ、研修にも励みながらレッスンを行っている講師の報酬は、雇用契約であれば実労働時間の最低賃金をはるかに下回るような額です。
 これについて、河合は、「報酬に関する仕組みを、将来的に変更する可能性がないとは断言できませんが。現在、変更に向けての検討はしていません」といった玉虫色の回答をなしています。
 fufは組合との交渉によって報酬を上げるべく求めています、これを拒否されるのであれば、不誠実な団体交渉として労働委員会への申立も考えます。
 
 
以上、河合の回答に対する組合の意見を述べてみました。
これに基づいて、8月には再度話し合いを持ちたいと考えています。

がんばります。
 

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
カワイ団交報告
6月1日(金)午後3時より、博多駅前の某ビル内会議室において、カワイ音楽教室長崎事務所事案に関する団体交渉が行われました。

すでに、4回目です。
カワイは、関西支社より担当の音楽支部長Tさんが新しく赴任され、団交での初顔合わせとなりました。

長崎事務所における懸案事項は、おそらく全国のカワイ音楽教室で起こる問題と、共通するものがほとんどであると予想します。
そう言う意味では、なかなか一朝一夕に解決する内容でないこともしかりです。
しかしながら、大元の問題である、限りなく雇用契約でしかない低報酬の講師の「委任契約」状態は、放置してはならない問題と言えます。fufは、契約書に「付帯事項」を付けることで、少しでも講師の要望を受け入れらるよう求めています。

今回の交渉事項は、以下のようなものでした。

 委任契約書に付帯事項を添付させること。これが無理な場合、「添付が無理」である合理的根拠を求める。

 結局、本社回答を待つのみで、合理的根拠も示せないまま、契約に至ることができない。

 当ブロックリーダー・地域指導講師などの職務権限・責任を明確にさせること(前回団交からので申入事項)

 文書にてその内容を開示することを約束した。


 報酬条項の改善を求めること

団交の場で、報酬を上げることはできないことが、団交議題として成立しないことであれば、不当労働行為となることを会社側に認識させた。

 今後もこれまでも同じ回答を繰り返した場合の、会社の被るリスク等説明

わざわざ関西から話し合いのために交通費や時間を使っているにもかかわらず、その実質は全く同じ事の繰り返しであるならば、本社で解決する権限のある者に来ていただくことになることを伝えた。


☆河合楽器製作所は、ピアノをはじめとした老舗の音楽教室を保持する、大企業であるにもかかわらず、その報酬はあまりに安い。
そのことはある意味会社も認めておりながら、改善がなされない、報酬のあまりに安いことが、決してよい音楽を生み出すことにならないことは、火を見るよりも明らかである。
質の良い講師、質の良い音楽、そして生徒を確保していくためにも、報酬を最低限の生活の出来るものへと改善するしかないのだ。

なぜ、そのシステムが変わらないのか!?
変える気がないからだ!

fufは、河合楽器製作所が変わるまで団交を求めていきます!
| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 19:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
本日、河合楽器製作所と団交!
河合楽器製作所関西支社との団体交渉

 まだまだ継続する河合楽器製作所との団体交渉です。
良好な労使関係を維持するために、密な「話し合い」は重要です。

未だ、全国のカワイ講師の方々からの声なき声が聞こえてきます。
なぜか、未だに「委任契約」というなの「低賃金使い回し雇用契約状態」。

入ってみたら、研修だ、グレードだとか、お金を「とられる」ことばかり…?!
これまたなんも変わってないのか?

仕事がないのをいいことに、いつまでたっても報酬の安さだけは天下一品なんではないでしょうか?

一体どこでどうやって講師の報酬を上げればいいのか?
しっかりお尋ねしたいと思います。

事後報告は、また。

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 10:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
カワイ音楽講師の待遇改善へ向けて

現在、fuf組合員である長崎事務所の講師の待遇改善を求めて、カワイとの交渉は継続中です。
福岡事務所事案については、裁判所での和解という形で、係争は終了しましたが、カワイ講師の委任契約による冷遇された労働条件については、未だ改善されないままです。

fufは、全国の委任講師、ひいては雇用契約ではないとされて不当な扱いをされている委任契約で働く労働者すべての待遇改善を求めて、カワイとの交渉を継続していこうと思います。

あらためて、下記の通り要求書を提出しました。
河合楽器製作所は、裁判所での和解を終え、その後もfuf組合員との良好な労使関係を維持しつつ、講師の待遇改善を前向きに取り組もうとしているのです。

組合の要求を受けて、会社は最大限の努力をなさねばなりません。
そして、組合も成果をあげるべく、現場から声をあげ続けていこうと思います。



 

   

                                                                        2012年4月9日

株式会社 河合楽器製作所 
取締役社長 河合 弘隆 様
関西支社長 冨山 千広 様  
                                                            フリーターユニオン福岡                                             
                                             要 求 書


 長崎事務所事案については、今年度早々横路組合員に生徒が配分され一歩前進した事は評価しているところです。しかしながら、契約書の附帯事項は拒否されました。組合側がこれまで指摘してるように、「委任契約の更新については、双方合意の上、実施」としながら、事実上は会社側が一方的に決定した内容になっており、会社の言い分通りでなければ契約はしない形になっています。「双方合意」とは、契約内容についての双方の条件の合意であると、前要求書でも指摘しているとおりです。
 また、これまでの話合いで一貫して問題となっているブロックリーダーの問題も曖昧なままとなっています。とりわけ長崎事務所の混乱は、ブロックリーダー、地域指導講師の職務・権限・責任の曖昧さが起因しています。混乱の結果、職場環境の悪化・講師の士気低下を招いていることを考慮するならば、早急のシステム改善は会社側の義務として取り組まなければなりません。これらの問題等も含め、あらためて以下のとおり要求します。 4月末までに文書回答、回答書に基づいて5月末までに団体交渉を求めます。
 
                     記

1.横路組合員のH24年度契約において『向こう28月間を前提としてドラムコースの 新入生徒はすべて甲に担当させる』旨の附帯事項を契約書に添付すること。

2.ブロックリーダー、地域指導講師という役職の廃止へ向けて、システムの改善を行うこと。

3.形骸化した「講師会議」のあり方を見直すこと。
 その前提として、「講師会議」の参加は、任意であることを講師に徹底通知すること。
 長崎事務所においては暫定措置として、講師会議の進行・司会などはO主任が務めること。

4.報酬については、双方の合意の上契約内容に記載することが原則であると考えるが、 それが可能でない場合、その歩合いを一律50パーセントとすること。

                                     以上
  

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
カワイ音楽教室福岡事務所事案解決のご報告と御礼

  河合楽器製作所・カワイ音楽教室福岡事務所事件 和解勝利的解決のご報告

 河合楽器製作所とのカワイ音楽教室講師Qさん(福岡事務所)の契約不更新および団体交渉拒否をめぐる係争に関して、本年10月12日の福岡地裁弁論手続きにおいて和解解決しました。長きに渡ってご支援いただいた方々へ心より感謝いたします。ご支援、ありがとうございました。

●和解内容
当事者は、

 河合楽器製作所代表者取締役社長 河合弘隆
 福岡県労働委員会代表者会長 野田進
 フリーターユニオン福岡 

以上の三者です。

 河合楽器製作所とフリーターユニオン福岡は、福岡県労働委員会のなした2010年8月20日付不当労働行為救済命令を尊重することとされました。したがって、Qさんの更新拒否についての団体交渉を拒否したことについては、不当労働行為であるとの認定がお互いに確認されました。

 したがって、今後、ユニオンが河合楽器製作所に対して、ユニオンの組合員である講師と河合楽器との関係に関する問題について団体交渉を申し入れた場合、河合楽器は正当な理由がない限り、話し合いの場(実質的な団体交渉)でこれに応ずることも確認されました。
 
 結果、2008年Qさんがユニオンに加入、団体交渉を求めながらも、更新拒否され係争してきた不利益について、ユニオンに対して相応の解決金を支払われることで、本件は和解解決に至りました。これで、福岡事務所案件については全ての訴えを取り下げ、団体交渉も終了しました。

 組合の団体交渉権は実質的に確保されることとなったことは、本闘争における非常に大きな成果です。今後、この闘争で確保した成果を、さらに活かしていきたいと考えています。現に既に長崎事務所の講師が組合に加入して会社と話し合い(実質的な団体交渉)を行っています。それは、河合楽器製作所の構造的な問題も解決はしていないためです。
 本闘争を通じて講師の待遇のほんのわずか改善がなされたとはいえ、まだまだカワイ闘争は続きます。私たちユニオンは、河合楽器製作所との「良好な労使関係」を維持継続し、講師待遇改善をすすめていきます。

 みなさま、どうぞ引き続き、ご注目、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
カワイ音楽教室長崎事務所闘争

 今週11.25は、カワイ長崎案件についての話し合い(実質的な団体交渉)を行います。
関西支社のA氏、福岡事務所のH氏などが同席して、行われます。

次回の話し合いは下記の釈明文書に基づいて行われます。



                                          2011年11月4日
株式会社 河合楽器製作所 
取締役社長 河合 弘隆 様
関西支社長 池戸  工 様  
                                                 フリーターユニオン福岡                                             
                  10月13日付回答書への求釈明事項

 9月15日付組合要求書に対する貴社10月13日付回答書に基く「話し合い」を設けていただきました。11月25日の「話し合い」を実りあるものにするためにも、下記の通り、回答内容を補足釈明ないしは開示して頂くべき内容を記しましたので、「話し合い」当日までご準備お願いします。具体的な改善がなされるよう双方の前向きな対応が重要かと考えておりますので、よろしくお願いします。

                            記

回答書1.について

 まず、「委任契約の更新については、双方合意の上、実施」というのは、貴社の見解でありますので、確認しておきます。

 今回回答の「委任契約が成立するということは、その契約内容に、多少不満があっても、双方が譲歩の上で合意すれば、契約は成立しますし、合意しなければ契約は不成立となります」については、契約が法的なものであることを鑑みれば、何ら意味をなさない「作文」でしかありません。

 何度も申し上げてきたように、貴社の講師との委任契約書は全国一律の内容であり変更されたことはなく、何ら各講師の意思を反映したものでないことは明らかです。このことを前提に、組合員と河合楽器関西支社の契約を、次回「話し合い(実質的な団交)」の場で結ぶよう提案します。その際、いつ、どのような役職の権限で、いかなる手続きで毎年の契約更新がなされているのか、具体的に開示してください。

(1)2010年度及び2011年度について
    貴社の不手際について、組合員に対して関西支社長名の謝罪の上、形式的ではあ るが、契約書にサインをし、現在まで契約が履行されていることとする。

(2)2012年度について
 生徒数、報酬について、組合員の要望を契約内容に反映した上で、契約すること。

回答書2.について

 契約継続困難な「特段の事情」について、貴社としての見解を明文化しているものがあれば開示してください。ないのであれば、今後、文書化することを求めます。


回答書4.について
 ブロックリーダーへの管理の徹底とは具体的にどのようなことをなしたのか、あるいはなすつもりなのか、明らかにしてください。

回答書5.について
 長崎事務所において、ドラム講師を増員する必要がないにもかかわらず、○○講師と契約したことについては、係長からもそのような弁をお聞きしています。組合員の生徒を回さなくとも、○○講師を契約したことによって、自動的に組合員の生徒数が減少する結果になったことについても同様です。こういった過ちが起こらないためにも、現時点での長崎事務所における生徒数、講師数、配分のシステムについて、明らかにしてください。現時点で、講師の希望を一定程度組み入れた生徒配分になっていると釈明できるものを準備してください。

回答書3.6について
 組合は、貴社の委任契約システムは、講師の賃金、労働条件を悪化させるものであっても、改善する手立ては保障されないものであることを再三指摘しています。
 今後、講師の報酬を見直すことがないとすれば、誠実な交渉とは認められず、労働委員会などへ救済申立などの法的手段に移行していくしかないと考えています。

 貴社の講師への待遇改善の方針、方向性についてお聞かせください。


回答書7について
 長崎事務所の担当者の同席はできないとのお答えですが、上記内容について直接に関わっているのは長崎事務所の管理者であり、個別長崎の問題が改善されなければ「話し合い」を持つことの意義はありません。

 河合楽器製作所における音楽教室各事務所の管理責任すなわち講師の契約内容について、責任及び権限を持つ役職は誰なのかを明確にしてください。そうでなければ、現場にいる店長、係長、指導講師、ブロックリーダーなどが、各自に判断(恣意的)することが、現場の混乱を招く結果となっています。

 したがって、長崎事務所の担当を同席させないのであれば、各事務所ひいては河合楽器製作所全体の指揮命令系統について明確にし、最終的な責任権限者を特定した上で、「話し合い」に臨んでください。

                                                 以上

   
                

 

 

 

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日は裁判所で話し合い、河合楽器製作所
 福岡地裁で県、河合、fuf、三つどもえの裁判が進行していますが、現在、裁判所ないしは、河合から和解の方向での提案もなされています。

組合としても今後のカワイ講師の働き方が少しでも良くなるような、そのための勝利的な内容となるのであれば、和解で解決もありかなと思っています。

これまでの経過について、HPに更新しています。


長崎事務所事案については、要求書の回答待ちです!

河合楽器製作所は誠意ある対応をしてください。

音楽に夢を求めるものたちを裏切ることなく…!
| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 11:45 | - | - |
カワイとの攻防
 ★まず、昨日の弁論予告をしていましたため、傍聴支援に駆けつけてくださった方、たいへん申し訳  ありませんでした。
 現在、弁論はラウンドテーブル形式で行われており、完全な公開にはなっていないため、事前の連絡のない傍聴は制限されております。本当に申し訳ありません。

★さて、労働委員会の命令取消を、カワイと組合双方から行っている行政訴訟、そして、組合は、カワイに対してこれまでの団交拒否などの損害賠償請求を求めている裁判。
 弁論を重ねつつ、カワイをじわじわと追いつめています。

★現在、長崎事務所での講師待遇について、関西支社との「話し合い」(団体交渉)を継続中。
 未だに、契約書すら交わされないまま、また低賃金、生徒数の減少などなど、さまざまな冷遇を改善すべく闘っています。

★組合は、あくまでカワイ講師の労働条件改善のために、必須な団体交渉権を求めていきたいと思 っています。もちろん、県労委命令によって団体交渉を受けなければならないことは、明らかになっています。

★3度目の「話し合い」を求めて、要求書を提出しています。

2011年9月15日

株式会社 河合楽器製作所

殿

代表取締役社長 河合弘隆

関西支社長 池戸 工 

 

要求書

 

フリーターユニオン福岡

 

 

4月20日付貴社回答書よりほぼ半年が経過しましたが、貴社長崎事務所における状況は何ら改善がなされておりません。

つきましては、あらためて下記の通り要求いたします。また、長崎事務所案件にて明らかになったことは、当然ながら全国の貴社教室、すなわち現在係争中であります福岡事務所案件における委任契約の問題にも重なるものであることをご承知いただくと共に、解決に向け検討されますことを重ねて要求します。

なお、下記の回答は本年10月11日までとし、回答内容についての「話し合い」日程については改めてご提案いたします。

 

1.     「委任契約の更新については、双方合意の上実施」としながらも、半年経ても何ら契約を実施していないのはなぜか、詳細にご回答ください。また、「双方合意」とは、契約内容についての双方の条件の合意であると捉えることができますが、貴社においてどのような認識でこの文言を使用されたのか明らかにするとともに、現在の貴社の見解をお示しください。

2.     「契約期間中に特段の事情が生じ、契約継続が困難な場合」とありますが、これは具体的にどのような事情であるのか、明らかにしてください。

なお、あくまで「1年」の委任契約であるとはあくまで形式的なものであり、当組合は現実のシステムにおいても、現状の契約更新のあり方についても継続が前提になっていることを指摘しています。貴社があくまで「1年契約」を原則とするのであれば、それに見合うようなシステムに改善してください。

3.     1.でも指摘しましたが、「報酬について、にわかに現在のしくみを変えることを考えていない」とありましたが、それ自体が雇用契約上の報酬形態となっており、貴社の一方的な決定で運用されています。そして、報酬を上げることを要求することすらできない不当な扱いとなっているのが、現在の委任講師の実態です。これは最低賃金法、労働契約法、民法に抵触すると解せられます。貴社の見解をお聞かせください。

4.     貴社は「誤解を招かないよう注意を喚起する」としていますが、そもそもこのような主観的問題は話になりません。ブロック・リーダーの職務そのものが貴社の意向を伝達する指揮命令的な職務であると当組合は指摘しています。即刻廃止してください。

5.     ドラム生徒の配分を「生徒側の希望」のみによって決定すること自体、委任契約として成立しないと解せられます。当組合は組合員の契約分を○○氏に配分したことについての補償を求めているのであり、この件につき貴社は回答されておりません。本状貴着より過去2年分の「体験レッスン」生徒数やその配分の流れを文書で詳細に開示してください。その上で、組合員への生徒を○○氏契約以前の状態に戻すことを求めます。

6.     報酬について「現時点では」変えないということは、将来的に変更する可能性があるのか、または検討されているのか、明らかにしてください。また、組合との交渉によって、報酬額を上げていくことはありえないのか、明らかにしてください。

7.     貴社長崎事務所の職場環境を改善することは、組合員の契約条件に関連する事項です。本状貴着後速やかに次回交渉を設定するとともに、長崎事務所の管理者を交渉に同席させてください。

 

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 10:11 | - | - |
カワイ音楽教室との裁判闘争
 ★fufと河合楽器製作所との係争は、まだまだ継続しています。

★次回弁論は、9月21日(水)午前11時 福岡地裁にて


★Qさんを契約更新しなかった理由はなんにもありません!
 ただひたすら偽装的委任契約の違法を提起されたことを嫌がった不当労働行為です。
 そのことは河合自身が、「雇用契約を求めるなら契約はできない」ことを明らかにしています。

 こんな分かりやすい不当労働行為はありません。

★未だにカワイ音楽教室の講師への待遇は変わらぬ冷遇です。
 福岡事務所だけでなく、長崎事務所など、全国のカワイ講師の処遇改善に繋がる闘いを、一歩でもすすめていきたいと思います。


★ご注目、ご支援お願いします。

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 09:06 | - | - |