CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
★フリーターユニオン福岡★

無 料 労 働 相 談
※電話相談を受けています。
電話 090−9980−2106

fufの活動に興味がある、
職場で困っている…など、
気軽に連絡ください!

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    (ono) (04/09)
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    ひろみ@長崎 (04/09)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

fuf blog

「フリーターユニオン福岡」のブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
畳の間ができました。
 昨夜は、定例会議の後に、いつものように鍋を囲んだりしたわけですが、ちょっと違うのは…
そこが「畳の間」となったことです。

カワイ闘争(福岡事務所事案)解決金を有効利用して、少しでも事務所が快適になるように知恵を出し合ってできたものです。

ほんとに、快適です、畳の間。


畳の間


っと、こんなことばかりしてるわけではないです。

昨日は、某コンビニ解雇解決はじめ、新しい旅立ちなど、盛りだくさんのお祝いをしました。

この「畳の間」が、これからもまだ出会っていない「貧民」たちとの、豊かな交流の場になることを確信しています。

え?むさ苦しい野郎ばっかだって?ムムム。


| 雑談/与太話 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
「夢」あるいは「夢物語」

fuf組合員は、会議やイベントだけではなく、日頃からメーリングリストなどで近況を報告しあったりしています。

福岡市内だけではなく、遠隔地にいる組合員もたくさんいるということもありますし、なかなか事務所まで出て来れない事情があったりもするからです。

そんな最近の組合員の投稿をここに掲載します!

某組合員の「ぼちぼち働くことがなんで、夢物語なんだろ?」のつぶやきに…
某組合員から、このようなつぶやきが。



 なぜぼちぼち働くのが夢物語かというと

*時給が安すぎて8時間労働だったら食えない

*労働法を知らない経営者が多すぎる

*経営者が簡単にクビにしすぎる 失業したときの生活保障がなさすぎる

*労働法を知ってる奴は法に触れぬよう上司という圧力をかけつつ、事実と異なる内容を書類に記載      させようとしたり、「自主的」を強要してくる

*大量の仕事を押し付けてできないと能力不足と言われる
  (スーパーマンのようにとんでもなく仕事ができる人が「基準」となっている)

*職場が簡単に休ませてくれない
  (体調不良でも頭痛・腹痛程度なら薬飲んで働けと言われる)

*経営が厳しいという理由でギリギリの人数で働いているため、誰かが休んだら職場がとんでもなく忙しい状況になる。だから、どんな理由であれ休みがちな人は嫌われイジメの対象になる

*イジメの対象になると職務に対して同僚や上司の協力が得られずヘマをする率が上がり 「休むし仕事できんしどうしようもない奴」という目で見られ排除の空気で呼吸困難になる

*本人の能力というより、学歴や職歴・肩書きで仕事の採用・不採用・給料が決定される

*仕事うんぬんよりコミュニケーション能力が本人の印象を決定づける傾向にある
 (上司へのごますりがうまいというだけでいい加減な仕事をする人間が出世し部下が苦労するという構図がある)

*働く人の人数が少ないのに職場は客の多様なニーズに答えようとする傾向にあるため
 (労働者一人に対する仕事量が増え内容も多岐にわたりハイレベルなことが要求される
 スーパーのパート従業員ですら、レジ打ち・商品の整理だけでなく発注・新人の指導などの
 本来正社員がすべき責任ある仕事をまかされている)

*仕事が忙しすぎて新人にじっくり指導する余裕がなく成果主義に走っているので失敗しても慣れるまで同僚が見守るなんてありえない。すぐに適応できない仕事がおぼえられない新人は排除される

*「スキルアップ」「あなた達のため」と、労働時間外の会議や研修・勉強会が多すぎる

という現実があるからです。

              
                                 以上


☆さてさて、あなたの働いているところはどうですか?
 ぼちぼち働いて、余暇に好きなことができるような生き方、
 なんでそんなに難しいのでしょうね?

| 雑談/与太話 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
組合員交流

昨年のメーデー前に、東京のフリーター全般労組が取り組んだ「キャバクラユニオン」の立ち上げが大々的に報道されたとき、これを通じてfufの事務所を訪れ、あっという間に組合員になって、あれっと思う間に、東京で仕事に就くことになり、1年近くが経って、お里帰り(?)してくれた組合員を囲んで。

積もる話もてんこ盛りで、最終の飛行機の時刻までわいわい。

共にデモった仲間との1年ぶりの交流はなつかしくも、新鮮で!
fufは、全国どこにいても組合員ですよ。



組合員交流



今年も、もうすぐメーデー!


| 雑談/与太話 | 10:23 | - | - |
一人で悩まない
 「一人で悩まない」というのも、ありふれた言い方ですが。
それでも、やっぱり「一人で悩まない」ことです。

悩むことは大いにけっこうなことだと思いますし、
悩まずに働いたり、悩まずにがんばったりすることは
あんまりいいことではないような気がしますが。

悩むことから逃げ出したくなることも事実であるし
悩まないで生きていける方がいいのかもしれませんが
やっぱり「一人で悩まない」ことです。

就職氷河期とか言われてもう久しい、10年以上は経っているような気がしますが、
大学への進学率が上がるとともに、働く場所が少なくなっているのも事実で
働くためにがんばって大学へ行ったりしても
自分の思い描いていたような「働く」ことと出会えた人はあまりいないのではないでしょうか。


そんなことをフィクションやノンフィクションで書いている同じような年代の人がいて
一人で悩むよりも、そんな話を読んでみるのもいいかなあとか思って紹介します。

稲泉連 1979年東京生まれ 

『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』

『仕事漂流』


津村記久子 1978年大阪生まれ

『アレグリアとは仕事はできない』

『ポトスライムの舟』





| 雑談/与太話 | 14:56 | - | - |
交流してきました!
 庄内衛生舎労働組合さんが
定期的に行っている清掃活動に参加させていただきました。

場所は福岡県飯塚市です。(嘉穂劇場が有名ですね。)



証拠写真です。ボランティアのかたも一緒でアットホームな雰囲気でした。




一緒に参加してくれた女の子。将来の夢はケーキ屋さんだそう。

清掃活動しながらいろんな話をしました。

「労働組合=闘う人達」というイメージが強すぎて、敬遠されがちだ…。
なかなか人が集まらない、など。
fufでも同じような悩みを抱えていますが、もっと気軽にたくさんの人に参加してほしいと思います。

執行委員長から「清掃活動を続けながらいずれはこうしたい!」という素敵な話も聞きました。

先日のfuf会議で組合員のTさんが「思想を持っていないと生きている意味がない。」と言っていました。
まさに日々の組合活動をは思想の実現のための行動だと思います。

その「行動」の難しさといったら!!
現実とのギャップ・世間からの反応・時間の足りなさなどに苦しみ悩みながら、
それでも励まし合い知恵を出し協力しながら「行動」しているのが現実です。
でも仕事や日常では得られない充実感があるのです。

庄内衛生舎労働組合さん
これからも連帯しながら一歩でも半歩でも前に進んでいきましょう。
ありがとうございました!!

庄内衛生舎労働組合ブログ
http://gogoshounai.blog59.fc2.com/

| 雑談/与太話 | 11:23 | - | - |
2月になりました
 ここんとこ寒い日が続いていますがみなさん風邪をひいていませんか?

九州でも大雪は降るんですよ。ほら!

わたくしこと組合員Yが自宅裏(郊外のアパート在住)で撮影した雪だるまちゃんです。



近所のガキんちょ…おっと失礼。
お近くに住んでいるであろうお子様の作品です。
雪だるまちゃん、背中を向けているのでちょっと哀愁が漂います。

さて。

めったに降らない雪が降ったため約2日間自宅にひきこもりしている間
fufの新リーフレットの作成に励みました。
(雪が降ることに慣れていない九州人は雪が降るとパニックです)



おしゃれでカッコイイ労働組合のリーフレットをみて
ああ、うちもかっこいいのがいいなあと思ったのがきっかけです。

これは完成品ではありませんが
他の組合員がGOサインを出せば街で配りたいと思っています。

もし街で見かけたら受け取ってください。

またイベント等あればブログでお知らせします。

今月もフリーターユニオン福岡をお願いします!


| 雑談/与太話 | 13:38 | - | - |
組合員からのたより

勝手に投稿、この春泣く泣く故郷へ帰った組合員からのお手紙


やっとユニオンのメーリングリスト来るようになりました。

ずうっと来なかったので、中学ん時の片思いみたいでした(笑)。

最近、よくこのCHAOS UKを聴いてます。
スペクタクルな毎日を過ごしてたら、パンク魂にますます火が点きます(笑)。

このバンドは、80年代のイギリスを代表(あんまり好きな言葉ではないけど)するハードコアバンドで、CRASS系のバンドとは一線を画してましたが、デモとかスクワットを繰り返してたみたいです。

ちなみにCRASS系のパンクスの行動が、後に90年代のイギリスの路上奪還RECLAIM THE STREETに繋がったと言われてます。

CHAOS UKの代表曲を以下に。見れる方々は見て下さい。ドラムのロール回しで始まり、ボーカルの叫びでなだれ込む、最高です。

この曲が発表された時は、サーチャー政権の時でしょうが、今も続く!うんざり!感が表れてます。ちなみにこのバンドは、ハードコアパンクの中でもノイズコアと言うジャンルになります。マニアックな話は、ここで止めますね。

そう言えば、親が賛同しながら、たかじんの番組見てたから批判したら、「あんた、共産主義ね!?」と言われたから、「いや、理想は無政府共産主義」と答えました。
それでは、また。

| 雑談/与太話 | 10:59 | - | - |
フリーターユニオン的 サヴァイヴァル教室焚き火編 企画中 

生存運動の一環として
上記 サヴァイヴァル教室を企画を考えている私は、組合員今井恒平。

さて、企画について考えても
焚き火をやったことが無いのでイメージが湧かない。
そこで、取合えず一回焚き火をしてみることにした。

実際やってみないと分からないことがある
ということがよく分かった。

おぼろげながら企画の輪郭はイメージできるようになったが、
まだ企画内容は定まっていない。

もし、ブログ読者の中に
サヴァイヴァル術に興味のある人がいれば
一緒にサヴァイヴァル教室の企画作りをしてみませんか?
もちろん、興味さえあれば、経験も技能も要りません
未経験者歓迎。
と、まるで求人広告のような文句になってしまったが、
一人で考えていると袋小路にはまりがちなので、
誰かパートナーになってくれないかなぁ
美人秘書 いないかなぁ。
(※美人かそうでないかは自己規定の問題です。)



取合えず、それまで。

今井恒平 拝
| 雑談/与太話 | 22:47 | - | - |
まるこめみそ
きのう、スーパーに焼酎を買いに行った。
一番安い焼酎をかごに入れ、レジの前のお菓子売り場でポテトチップスを手に取ったときに、
小学2〜3年生の少年が店長らしき店員に「まるこめみそはどこですか」とたずねていた。

なぜそんな小さな少年が一人でスーパーにいるのか。
なぜみそを単品で買っているのか。おつかいなのだろうか。
いや、なぜ「まるこめ」なのか。
店長らしき男性は、他の店員に「案内してあげて」と言っていた。
3つあるレジの一番左で並んでいたら、まえのおばちゃんが、以前知り合いだった店員はもういないのか、
などとレジの店員と話し始め、レジが進まず、僕はいらいらし始めた。
その間に例の少年は、目的のまるこめみそを手に入れ真ん中のレジで支払いをしている。

ちょっと後ろを見て確認すると、肩から上だけが見える。
レジのテーブルの上にはまるこめみそが置かれている。
少年の表情はちょっと不安もまじっていたが、何かをなしとげた満足感にあふれている。

帰り道で、まるこめみそのコマーシャルが昔あって、ちょうどあの少年と同年代の少年がみそしるを食べているシーンがあったな、などと思い出していた。
しかしあの少年の満足そうな顔。こちらまでうれしくなってくる。
あの少年にとって、ひとりで買い物をするというのは、大人の階段を一歩登ることだったのだろう。
そうだ。僕たちにとっても、未経験なことに挑戦する勇気。これが大切なのだ。
それを成し遂げたときに、僕たちもあの少年と同じような満足感を感じるに違いない。
(上村 陽一郎)
| 雑談/与太話 | 12:48 | - | - |
サンタクルズ・ゴミ・オーケストラ



以前紹介したサンタクルズ・ゴミ・オーケストラがかつて公共の駐車場から警察によって追いはらわれ、そのリベンジを果そうとした模様。なんか知らんけども一人パクラれていってますが…。

なぜ空いている空間に人が集まって音を鳴らしてスープを飲み、踊ることが違法なのか。「公共空間」を取り戻そう。


写真など
その他(英語)
| 雑談/与太話 | 10:10 | comments(0) | - |