CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
★フリーターユニオン福岡★

無 料 労 働 相 談
※電話相談を受けています。
電話 090−9980−2106

fufの活動に興味がある、
職場で困っている…など、
気軽に連絡ください!

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    (ono) (04/09)
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    ひろみ@長崎 (04/09)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

fuf blog

「フリーターユニオン福岡」のブログ
<< 11月9日fnf学習会@art space tetra | main | 道路を切り裂く路上解放祭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
学習会@art space tetra
昨夜はアート・スペース・テトラにてfnf学習会。報告を担当した。マルクス御大〜68年以降の日本の政治/社会運動史の思想的意味〜ドゥルーズ&ガタリの哲学…と、ザザッと適当なラインを辿りつつ、労働を政治化することの様々な可能性について語りたかった。確実に風呂敷を広げすぎたなぁ…。

あんな妙な場を用意してくれたテトラに感謝。fnfの面々もそれなりに楽しんだり、退屈したり、キレたり(笑)していたようだし。僕は非常に満足です。

政治とアートが当然のように結びつくこと(いや、それらは結びつく以前に同じものですらありうること?)の面白さをテトラのE氏とちょくちょく話してきた。まずは一種の政治運動体であるfnfとアート・スペース・テトラの出会いの場を設定して、その可能性を物凄く愚直に実践しようとした…少なくともそのきっかけをつかもうとしたわけだけども、なかなか難しい。僕自身が大学院で蓄積してきた中途半端なアカデミヅムや学術用語などが、もっとシンプルに分かるはずのことを分かり難くしている面は大いにあるかもしれない。「誰にでも分かる話」なんてのも絶対嘘だと思うが、とにかくもっと自由に話せるようになりたいものだ。

アートと政治…それらが「いかに繋がりうるか」を知ろうとすることよりも、繋がらざるをえない仕掛けを作ったほうがいい。しかし、無理に繋げようとする以外に、そういう「場」の具体的なあり方を構想すること自体が簡単なことではない…いや、そんなゴチャゴチャ言うこともないのかもしれない。もっとシンプルに、場に関わる人間がしたいことを提案しあって、協力を求め合って、議論して、というプロセスこそ重要。そのような場が成立するためには、その場に参加する各自にはある種のアナキスティックな(?)自律のようなものが必要だと漠然と感じている昨今。「自己責任」論などに親和的な腐れきった個人主義ではなくて、他者と協働するための倫理としての個人主義…とでもいえばいいのか。

とにかくゴニョゴニョやりながら、面白い場を作りたい。まずは僕らのfnfの運動がテトラに負けない力を持つことが必要だ。…ってのもなんだかD&Gのいうところの「モル的」な発想でよくないか(?)ま、いいや。ボチボチ分子革命起こそう。
| 学習会 | 18:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:00 | - | - |