CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
★フリーターユニオン福岡★

無 料 労 働 相 談
※電話相談を受けています。
電話 090−9980−2106

fufの活動に興味がある、
職場で困っている…など、
気軽に連絡ください!

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    (ono) (04/09)
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    ひろみ@長崎 (04/09)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

fuf blog

「フリーターユニオン福岡」のブログ
<< ユニオンエクスタシーのストライキ | main | 麻生政権の排外主義、国益教に抗議する >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
[勉強会]団結権の変態のために
勉強会「団結権の変態のために」
日時:3月20日(金)19:00〜
場所:fuf事務所(天神4丁目9ー12光ビル4.5F「タリ福岡」)


さて、メーデー的陰謀も着々と進めているfufですが、ちょっくらお勉強会などをやります。ざっくりテーマを言えば、憲法に書いてある「団結権」とはそもそも一体何なのか、「生存権」とは?あるいは「財産権」とかいうヨダレの出そうな権利は誰のための権利なのか…いや、そもそも「権利」とは何なのか?いやいや、憲法とは何なのか…?

なんでこんなに、いかにも大げさ壮大めいたいことを問うのか?僕たちはこの社会で、それらしく生きることもできれば、ある条件さえあれば、それらしく「運動」することだってできるわけですが、根底にある問い、分からなさや迷い、を回避したところで、実は何かに考えさせられている、なんてことが嫌でしかたがないので、根底に届く話がしたいのです。「権利が与えられているから行使する」とか正論を吐いても、何だかどうしようもなく無力に感じることがあるからです。

資本主義のなかで、そこそこの自由を与えられて軽々と泳ぐのでもなく、また資本主義の地平を部分的にくりぬいた(かのような)塹壕めいた空間のなかで自分たちの声が硬い壁に跳ね返るのを聞いてヒロイズムに陶酔するのでもなく、資本主義というさまざまな力と欲望まみれの地平の中にからまりまくった自己の中の抵抗の地点を掴んで、そこから資本の策略をひっくりかえすのに血眼なゲーマー(?)、あるいは致命的にそれを腐らせる術を知る菌使いたちの変態的隊列(?)を編成するために何ができるか。例えば団結権がある、それを使う、と。もちろん資本からの攻撃(資本という水攻め)に対して、とりあえず身を寄せあわなければ本当に生きてゆけないことすらあるし、あるいは自分を追い込んだ奴らに反撃するために、僕たちも労働/生存組合に寄り合って蠢いている。しかし、団結権が「組織化する権利 right to organize」なのだとしたら、いかに組織化するかという魅力的な問いを、攻撃に身を固めることに必死で忘れてしまったり、誰かが与えた定義(ましてや権力が許す範囲の定義)でその問いを埋めて安心してしまってはつまらない!

1990年にフランスの哲学者ジル・ドゥルーズという人が、われわれの社会が「規律社会(市民社会)」と呼べる在り方から「管理社会」という姿へと変化しつつあることを念頭に書いた、次のような極めて説得力のある言葉の向こうに、「団結権の変態」を構想することがいまこそ急務の課題ではないだろうかと僕は思っている。(ono)


もっとも重要な問題のひとつは労働組合の無能性にかかわるものである。労働組合は、その歴史全体をつうじて、規律にあらがう闘争に、あるいは監禁環境内部での闘争に結びつくものだった。そんな労働組合に、管理社会に対抗する新たな抵抗の形態に順応したり、あるいは新たな抵抗を成り立たせたりする余力があるだろうか?マーケティングの楽しみに立ち向かう能力をもった、来るべき抵抗形態のはじまりを、現時点でもすでにとらえることができるのだろうか?不思議なことに大勢の若者が「動機づけてもらう」ことを強くもとめている。もっと研修や生涯教育を受けたいという。自分たちは何に奉仕させられているのか、それを発見するつとめを負っているのは、若者たち自身だ。彼らの先輩たちが苦労して規律の目的をあばいたのと同じように。ヘビの環節はモグラの巣穴よりもはるかに複雑にできているのである。(「追伸ー管理社会についてー」『記号と事件』)
| 学習会 | 19:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:08 | - | - |