CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
★フリーターユニオン福岡★

無 料 労 働 相 談
※電話相談を受けています。
電話 090−9980−2106

fufの活動に興味がある、
職場で困っている…など、
気軽に連絡ください!

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    (ono) (04/09)
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    ひろみ@長崎 (04/09)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

fuf blog

「フリーターユニオン福岡」のブログ
<< 「社会運動」学習会第2弾 | main | カワイ音楽教室福岡事務所事案解決のご報告と御礼 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カワイ音楽教室長崎事務所闘争

 今週11.25は、カワイ長崎案件についての話し合い(実質的な団体交渉)を行います。
関西支社のA氏、福岡事務所のH氏などが同席して、行われます。

次回の話し合いは下記の釈明文書に基づいて行われます。



                                          2011年11月4日
株式会社 河合楽器製作所 
取締役社長 河合 弘隆 様
関西支社長 池戸  工 様  
                                                 フリーターユニオン福岡                                             
                  10月13日付回答書への求釈明事項

 9月15日付組合要求書に対する貴社10月13日付回答書に基く「話し合い」を設けていただきました。11月25日の「話し合い」を実りあるものにするためにも、下記の通り、回答内容を補足釈明ないしは開示して頂くべき内容を記しましたので、「話し合い」当日までご準備お願いします。具体的な改善がなされるよう双方の前向きな対応が重要かと考えておりますので、よろしくお願いします。

                            記

回答書1.について

 まず、「委任契約の更新については、双方合意の上、実施」というのは、貴社の見解でありますので、確認しておきます。

 今回回答の「委任契約が成立するということは、その契約内容に、多少不満があっても、双方が譲歩の上で合意すれば、契約は成立しますし、合意しなければ契約は不成立となります」については、契約が法的なものであることを鑑みれば、何ら意味をなさない「作文」でしかありません。

 何度も申し上げてきたように、貴社の講師との委任契約書は全国一律の内容であり変更されたことはなく、何ら各講師の意思を反映したものでないことは明らかです。このことを前提に、組合員と河合楽器関西支社の契約を、次回「話し合い(実質的な団交)」の場で結ぶよう提案します。その際、いつ、どのような役職の権限で、いかなる手続きで毎年の契約更新がなされているのか、具体的に開示してください。

(1)2010年度及び2011年度について
    貴社の不手際について、組合員に対して関西支社長名の謝罪の上、形式的ではあ るが、契約書にサインをし、現在まで契約が履行されていることとする。

(2)2012年度について
 生徒数、報酬について、組合員の要望を契約内容に反映した上で、契約すること。

回答書2.について

 契約継続困難な「特段の事情」について、貴社としての見解を明文化しているものがあれば開示してください。ないのであれば、今後、文書化することを求めます。


回答書4.について
 ブロックリーダーへの管理の徹底とは具体的にどのようなことをなしたのか、あるいはなすつもりなのか、明らかにしてください。

回答書5.について
 長崎事務所において、ドラム講師を増員する必要がないにもかかわらず、○○講師と契約したことについては、係長からもそのような弁をお聞きしています。組合員の生徒を回さなくとも、○○講師を契約したことによって、自動的に組合員の生徒数が減少する結果になったことについても同様です。こういった過ちが起こらないためにも、現時点での長崎事務所における生徒数、講師数、配分のシステムについて、明らかにしてください。現時点で、講師の希望を一定程度組み入れた生徒配分になっていると釈明できるものを準備してください。

回答書3.6について
 組合は、貴社の委任契約システムは、講師の賃金、労働条件を悪化させるものであっても、改善する手立ては保障されないものであることを再三指摘しています。
 今後、講師の報酬を見直すことがないとすれば、誠実な交渉とは認められず、労働委員会などへ救済申立などの法的手段に移行していくしかないと考えています。

 貴社の講師への待遇改善の方針、方向性についてお聞かせください。


回答書7について
 長崎事務所の担当者の同席はできないとのお答えですが、上記内容について直接に関わっているのは長崎事務所の管理者であり、個別長崎の問題が改善されなければ「話し合い」を持つことの意義はありません。

 河合楽器製作所における音楽教室各事務所の管理責任すなわち講師の契約内容について、責任及び権限を持つ役職は誰なのかを明確にしてください。そうでなければ、現場にいる店長、係長、指導講師、ブロックリーダーなどが、各自に判断(恣意的)することが、現場の混乱を招く結果となっています。

 したがって、長崎事務所の担当を同席させないのであれば、各事務所ひいては河合楽器製作所全体の指揮命令系統について明確にし、最終的な責任権限者を特定した上で、「話し合い」に臨んでください。

                                                 以上

   
                

 

 

 

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:05 | - | - |









http://fnfukuoka.jugem.jp/trackback/419