CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
★フリーターユニオン福岡★

無 料 労 働 相 談
※電話相談を受けています。
電話 090−9980−2106

fufの活動に興味がある、
職場で困っている…など、
気軽に連絡ください!

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    (ono) (04/09)
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    ひろみ@長崎 (04/09)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

fuf blog

「フリーターユニオン福岡」のブログ
<< 12.17 12.24 働かない!働けない!デモ…生きていく者たちの年末企画 | main | 12.17 震災ファシズムに回収されない労働運動とは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
12,17 フリーター全般労組山口素明さんをかこんで

 今年もやります!fuf年末企画、今年は3本立て。


働かない!働けない!デモ…
      生きていく者たちの年末企画

■12.17 年末集会

 「災害ナショナリズムに回収されない
     フリーター労働運動とは?」

 今年3月11日に発生した東日本大震災と福島原発事故。
 この深刻な事態をきっかけに、多くの不当解雇などが全国で起きている。
 しかしながら、「がんばろうニッポン」のかけ声が、それらの労働問題を覆い
つくし、「非常時だから文句を言うな」という空気すら生まれている。
 また、「脱原発」の一点で、日頃は全く主張の違う団体同士が手を結ぶ状況も
見られるようになった。

この「災害ナショナリズム」とも言うべき現状のなかで、
フリーター労働運動の担い手たちはどう考え、行動していくべきなのか。

今回、放射能汚染と脱原発の潮流に揺れる東京で、
様々な労働/生存問題に取り組んでいる
フリーター全般労働組合共同代表の山口素明氏をゲストに招く。

さぁ、参加者全員で熱く語り合おう!


日時:12月17日(土) 18:00〜21:00
場所:ふくふくプラザ(福岡市市民福祉プラザ) 


福岡市中央区荒戸3丁目3番39号
交通アクセス:福岡市地下鉄(空港線)「唐人町」駅下車4番出口から徒歩約7分
 西鉄バス黒門バス停下車徒歩約5分/福大若葉高校前バス停下車すぐ

●集会ゲスト 山口素明(やまぐち・もとあき)氏
1966年東京都生まれ。予備校講師。フリーター全般労働組合をベースに、
生存権の確保を掲げ、主として首都圏を中心に運動を続けている。

 プログラム1 山口素明氏による講演
震災後の東京における労働/生存問題の状況、そして集会テーマである、災害ナ
ショナリズムに回収されないフリーター労働運動とはどうあるべきかを話してい
ただきます。
プログラム2 インタビュー 山口素明氏 vs フリーターユニオン福岡
フリーターユニオン福岡が用意したいくつかの質問に対して、山口素明氏に答え
ていただきます。
プログラム3 質疑応答という名の大激論!!!
会場参加者からの質問に、山口素明氏に答えていただきます。とりあえず参加者
全員で時間の許す限り、熱く語り合いましょう!!

| 集会・行動などの告知 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:13 | - | - |









http://fnfukuoka.jugem.jp/trackback/422