CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
★フリーターユニオン福岡★

無 料 労 働 相 談
※電話相談を受けています。
電話 090−9980−2106

fufの活動に興味がある、
職場で困っている…など、
気軽に連絡ください!

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    (ono) (04/09)
  • 【2・1学習会】なぜわれわれは「フリーター」を名乗るのか?
    ひろみ@長崎 (04/09)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

fuf blog

「フリーターユニオン福岡」のブログ
<< ブライアン・ホウ追悼上映会終了 | main | 95%以上に法令違反って何? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
河合楽器製作所長崎事務所事案 関西支社回答




 先日の団体交渉での懸案事項について、株式会社河合楽器製作所関西支社長冨山千広名、7月10日付回答が届きました。

回答によれば河合楽器製作所は、fufと話し合いをすることで何とか解決できるように努力をしていることは了解できます。
こういった組合の要求に対して、必ず応答しようとする姿勢は一定の評価はできます。

しかしながら、長崎事務所における事案は、当然のことながら長崎の一講師に限られたことではないことは明らかです。
全国一律の委任契約という偽装的な契約によって、すべての音楽教室の講師が不当な労働条件に置かれているのです。

今回の回答を見ればさらにそのことは明らかです。

1.fufは、契約書に付帯事項を付けることを求めていますが、河合は一切の付帯事項を認めません。このことが対等な委任契約ではないことを示しています。

河合の回答によれば、「ドラムコースの生徒配分については、生徒側の希望(レッスンの曜日、時間等)によって決定するものであり、恣意的に特定の個人に担当させるものではありません」との文言があります。

生徒配分は、すべて生徒の希望にのみよって決定するのでしょうか?
もちろん、生徒の希望を優先させることはやむを得ないでしょう。
しかしながら、その生徒の希望を優先させるために足りるだけの講師を準備、対応できるようにするのが会社の責任ではないでしょうか。
それを、講師一人の責任に負わせているのが現状です。
「恣意的に担当させるものではない」という意味も分かりませんが、現在河合(事務所)が恣意的に生徒を割り振っているのではないでしょうか?
どのような公平な基準があるのか、それを開示してほしいものです。


2.fufは、委任契約の講師については、会社の指揮命令権下にないことを確認しています。しかしながら、現実は一地域指導講師と言われる講師が、他の講師に対して「教育指導内容の徹底」「委任講師の管理」といった事実上の指揮命令を行っています。
さらには、ブロックリーダーを介して、この諸連絡などを他の講師へ徹底するなどのまとめ役といった「業務」をさせています。
これらは明らかに違法ですので、今後も廃止を求めていきます。

3.fufは、あまりに安い講師報酬を少しでも上げるべく求めています。
 講師の報酬は、グレードによって上がると言われていますが、そのための研修などその他教材などなどにお金を取られ、研修にも励みながらレッスンを行っている講師の報酬は、雇用契約であれば実労働時間の最低賃金をはるかに下回るような額です。
 これについて、河合は、「報酬に関する仕組みを、将来的に変更する可能性がないとは断言できませんが。現在、変更に向けての検討はしていません」といった玉虫色の回答をなしています。
 fufは組合との交渉によって報酬を上げるべく求めています、これを拒否されるのであれば、不誠実な団体交渉として労働委員会への申立も考えます。
 
 
以上、河合の回答に対する組合の意見を述べてみました。
これに基づいて、8月には再度話し合いを持ちたいと考えています。

がんばります。
 

| 河合楽器・カワイ音楽教室 闘争 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 11:42 | - | - |









http://fnfukuoka.jugem.jp/trackback/456
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/07/20 6:43 PM |